■2010年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■報告書

5年間かけて行ってきた県の生物調査の最終年です。
7月上旬には報告書を提出しなければいけません。

これまでは現地調査の細かな報告をしなければ
いけなかったけど、今回は種別にコメントを
書いていくだけだからすぐ終わると思い
ここまでほったらかしに。

私の担当は全部で10種、魚が5種のカニが5種です。
カニなんてまったく専門でもないのに書く人がいないため
私の担当になってしまいました。
ただそのカニを捕まえた人というだけで・・・

市の調査でも専門外の両生類・爬虫類担当です。
本来の専門は淡水魚なのに・・・





ていうか今は竹が専門ですけどなにか?



スポンサーサイト

■鮎の甘露煮

今年も鮎の甘露煮が送られてきました。

同じ大学の同じ部活(素潜り部)に所属し、
同じアパートに住んでいたやつからです。

同じ部活とはいっても、私が卒業してから
入学してきたかなり年下の後輩。

ビッグコミックスピリッツに連載されていた
『伝染るんです。』のキャラクター、
かわうそ君に似ていたため『かわうそ』と呼ばれたり、
リチャード・ギアになんとなく似ていたため
『ギア』と呼ばれたりしてました。

その後輩が大学卒業後、就職せずに実家でプラプラ
していたんで、アユの養殖場のバイトを紹介してあげた
ところそのまま就職しちゃいました。
軽い気持ちでしたことが、他人の人生に大きく影響を
与えるなんて不思議なもんです。

人生何がきっかけでどうなるかわかりません。
私もなぜだか水族館を辞めて竹細工の勉強をしてるし・・・


PICT0112.jpg


■自然は怖い

前職についているとき、
小学生を相手に川や海で幾度となく観察会を行いましたが、
先生たちの自然に対する危機管理能力のなさに何度がっかりと
させられたことか。。。

田舎に暮らしていても自然の中で遊ぶことが少なかったのでしょう。
自然の危険性についてまったく認識してない人が多すぎです。
どれだけ自然は恐ろしいものだと説明しても
実感がわいていなかったようで子供たちと遊ぶのに夢中になる人が多く
危機管理がなっていません。

ひどいときには、事前に自然の中でやってはいけないことを子供たちに
注意したにもも関わらず、そのやってはいけないことを
先生も一緒になってやっていたときは、
さすがに呆れたというか、先生も一緒に怒鳴りつけました。

自然の中には危険がいっぱいです。
その場では安全そうに見えても時間が経てば危険になることもあります。
自然の中で観察会を行うときは、必ず事前に天気図を見て
危険性がないかを確認していました。
そんなの当たり前です。

毎年のように学校行事で水難事故が起きています。
川や海はプールやテーマパーク、遊園地ではありません。
安全性などまったく保障されていないことになぜ気づかないのでしょうか。
少し間違えればすぐに人が死にます。
特に大人数であればあるほど危険性は大きくなります。

今日、浜名湖で中学生が一人亡くなったというニュースを見ました。
学校行事の中での事故です。私的には明らかに大人の責任、人災です。

なんだかものすごく頭にきました。



■ミミイカ

番匠川の河口で夜間調査をしていると
ちっちゃなイカをちょくちょく見かけます。
それと同じ種かわかんないけど
今回はこれ。


ミミイカ(たぶん) Euprymna morsei
販売名:みみイカ
値段:298円
購入日:2009.02.09

mimiika01.jpg

mimiika02.jpg


このミミイカを購入した日の数日前からスルメイカの小さいやつの中に
ミミイカらしきものがちょこちょこ混じって売ってるなあと思ってたら、
ついにミミイカだけで売り出されていました。



っていうか、

これが本当にミミイカなのか私にはよく分かりません。
『WEB版 原色世界イカ類図鑑』によれば、
どうやら吸盤の並び方なんかを見るみたいです。

mimiika03.jpg


う~ん、

ぐにゃぐにゃしてて、いまいち吸盤の並びがどうなってるのか
よう分からん。

結局調べるのがめんどくさくなって食べちゃいました。


■たてとよこ

親指側手首の腱鞘炎、
いわゆるデケルバンとかドケルバンといわれてるやつ。

左右両方とも手術をしましたが、
右と左では傷口の向きが違います。


4年前に行った右手の手術痕。縦方向?
PICT0101.jpg


今年行った左手の手術痕。横方向?
PICT0100.jpg


あきらかに左手のほうが傷口が目立ちません。
また術後の傷口の処理も違っていて、
右手の手術のときは6針ほど縫いましたが
左手のときは傷口をテープでとめて、
その上に透明でゲル状の大きな絆創膏のようなものを
張っただけ。まったく縫ってなくて傷口が開かないかと
少し心配しましたが大丈夫でした。

同じ病院で手術をしたのにこの違いは何なんでしょう。
技術が進歩したのでしょうか?




いくら技術が進歩しても術後の痛みは変わりません。
親指付け根手のひら側の手術後よりも長く痛み、
1ヶ月間くらいは痛みというかいやな違和感が残りました。


すでに4箇所も腱鞘炎の手術をしました。
もう二度と腱鞘炎になりませんように・・・








プロフィール

石田あつし

Author:石田あつし

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。