■2010年05月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■イトヨリダイ

前回はヒメジに混じっていたソコイトヨリを紹介したので、
今回はソコイトヨリによく似たイトヨリダイを紹介したいと思います。



イトヨリダイ Nemipterus virgatus
販売名:いとより
価格:397円(イトヨリダイ2匹)
購入日:2009.02.03


123495796231116300477.jpg



123495800517916300471.jpg



123495825785216214302.jpg



体にある黄色い線の数が、イトヨリダイのほうが多いので簡単に見分けられます。


スポンサーサイト

■ヒメジ(ひめいち)とソコイトヨリ

ヒメジの中に1匹だけ別の魚が混じっていたので買ってみました。


123330358018716216356.jpg

123330359727816216761.jpg





ヒメジ Upeneus japonicus
販売名:ひめいち
価格:198円(ヒメジ10匹、ソコイトヨリ1匹)
全長:10.1~18.2cm
購入日:2009.01.23

123330349521916121205.jpg

123330351587816422086.jpg

123330509929516122016.jpg





ソコイトヨリ Nemipterus bathybius
全長:16.1cm

123330392401016216958.jpg

123330454733916422245.jpg



この2種ってなんかよく似ています。体色はもちろんですが、ヒメジのヒゲの
黄色とソコイトヨリの腹側の黄色なんかも似た感じ。
前にもヒメジの中にイトヨリダイ系の幼魚が混じって売っていたし、
もしかしたらこの2種は一緒にいることが多いのかもしれません。

港などに漂っている流れ藻をすくい取ると、よくヒメジの幼魚が採れました。
ヒメジの子どもは銀色で薄っぺらくて親とはまったく違うので、初めて捕まえ
たときは何の魚だかさっぱり分かりませんでした。


今回は調理するのがめんどくさかったのでウロコだけ取ってはらわたも出さず、
醤油、酒、味醂、砂糖を入れて圧力鍋で煮て、骨までおいしくいただきました。

ごちそうさま。



■オキナヒメジ(ひげいち)

以前、『スーパーのさかな』というブログをやっていたんですが、
会社を辞めたことにより食生活が劇的に変化してほったらかし状態に。

そのままにしとくのももったいないので、
少しずつこっちに移すことにしました。



オキナヒメジ Parupeneus spilurus
販売名:ひげいち
価格:198円
全長:38.4cm
購入日:2009.01.23

123297675887316221648.jpg

123297680739216427671.jpg


このあたりではヒメジ(販売名:ひめいち)はよく売られていますが、
オキナヒメジが売られているのは初めて見ました。
私はもともと九州の人間ではないので、この地域での魚の地方名に関して
詳しくないこともあってか『ひげいち』という名前を聞いたのも初めてです。

ヒメジの仲間は下アゴにヒゲが1対あり、背ビレは2つあります。
オキナヒメジはホウライヒメジと非常によく似ていますが、尾柄部の暗色斑が
側線を越えて下まで伸びないこと(ホウライヒメジは越える)、尻ビレの形が
違うこと(ホウライヒメジでは尻ビレ前縁長が尻ビレ基底長とほぼ同じか
わずかに長い)で見分けることができます。

123298152774216101185.jpg

123298155450416222861.jpg

1232981596816222861.jpg


今回はムニエルにして食べてみました。
骨が太くて身離れがよく、ホコホコとしていて大変おいしい魚でした。
この魚がまた198円で売られていたら確実に買いです。




■なんとなくタイトル変えてみました

引っ越しして以来、
いまいち落ち着かない日々が続く・・・



プロフィール

石田あつし

Author:石田あつし

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。