■スーパーのさかな

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■だいちょう

たまには違うスーパーに行ってみるものです。
普段見かけない魚が売ってました。




オキヒイラギ Equulites rivulatus
販売名:だいちょう
価格:280円
購入日:2009.02.10

123584712015016302542.jpg





ヒイラギの仲間は口がよく伸びます。

123584715215316421323.jpg





オキヒイラギは静岡ではよく見ましたが、私がよく行くスーパー(5軒)では
まったく見たことがなかったので、大分では食べないのかと思っていました。





混ざりものいろいろ

123584749373616302542.jpg





ついでにシシ肉が100g198円で売っていたので、
ついつい買ってしまいました。

123584745072516421467.jpg


シシ肉最高!





と、ここまでが2009年の2月に別のブログに書いた内容です。
その後あっちこっちのスーパーにいってみてわかったんですが、
オキヒイラギって大分県内でもちょこちょこ売ってますね。


スポンサーサイト

■ミミイカ

番匠川の河口で夜間調査をしていると
ちっちゃなイカをちょくちょく見かけます。
それと同じ種かわかんないけど
今回はこれ。


ミミイカ(たぶん) Euprymna morsei
販売名:みみイカ
値段:298円
購入日:2009.02.09

mimiika01.jpg

mimiika02.jpg


このミミイカを購入した日の数日前からスルメイカの小さいやつの中に
ミミイカらしきものがちょこちょこ混じって売ってるなあと思ってたら、
ついにミミイカだけで売り出されていました。



っていうか、

これが本当にミミイカなのか私にはよく分かりません。
『WEB版 原色世界イカ類図鑑』によれば、
どうやら吸盤の並び方なんかを見るみたいです。

mimiika03.jpg


う~ん、

ぐにゃぐにゃしてて、いまいち吸盤の並びがどうなってるのか
よう分からん。

結局調べるのがめんどくさくなって食べちゃいました。


■ワタリイシガニとツブワタリイシガニ

ワタリガニの仲間も、いろんな種類が売っていますが、
ワタリイシガニの仲間は始めて見ました。



ワタリイシガニ(写真上) Charybdis natator
ツブワタリイシガニ(写真下) Charybdis granulata

販売名:カニ
値段:436円
購入日:2009.02.04

123524148224216131850.jpg


123524150306316425236.jpg

123524152717816425089.jpg

ハサミ下側。下がワタリイシガニ、上がツブワタリイシガニ。


123524159538916425110.jpg

ツブワタリイシガニ



123524157464916131859.jpg

ワタリイシガニ


たいしていい図鑑が手元にないので良く分かりませんが、
おそらくワタリイシガニとツブワタリイシガニです。
ハサミの下側に溝があるのがワタリイシガニだったような
気がしますがどうでしょう。
ツブワタリイシガニは甲の表面にあるツブツブが見え、
ワタリイシガニでは見えなかったよな気が・・・


いろいろと文献を集めるのもめんどくさいので、
誰か、素人にもわかる最新情報を加えた使える
十脚甲殻類の図鑑を作ってください。

3万円以内なら必ず買います。


■イトヨリダイ

前回はヒメジに混じっていたソコイトヨリを紹介したので、
今回はソコイトヨリによく似たイトヨリダイを紹介したいと思います。



イトヨリダイ Nemipterus virgatus
販売名:いとより
価格:397円(イトヨリダイ2匹)
購入日:2009.02.03


123495796231116300477.jpg



123495800517916300471.jpg



123495825785216214302.jpg



体にある黄色い線の数が、イトヨリダイのほうが多いので簡単に見分けられます。


■ヒメジ(ひめいち)とソコイトヨリ

ヒメジの中に1匹だけ別の魚が混じっていたので買ってみました。


123330358018716216356.jpg

123330359727816216761.jpg





ヒメジ Upeneus japonicus
販売名:ひめいち
価格:198円(ヒメジ10匹、ソコイトヨリ1匹)
全長:10.1~18.2cm
購入日:2009.01.23

123330349521916121205.jpg

123330351587816422086.jpg

123330509929516122016.jpg





ソコイトヨリ Nemipterus bathybius
全長:16.1cm

123330392401016216958.jpg

123330454733916422245.jpg



この2種ってなんかよく似ています。体色はもちろんですが、ヒメジのヒゲの
黄色とソコイトヨリの腹側の黄色なんかも似た感じ。
前にもヒメジの中にイトヨリダイ系の幼魚が混じって売っていたし、
もしかしたらこの2種は一緒にいることが多いのかもしれません。

港などに漂っている流れ藻をすくい取ると、よくヒメジの幼魚が採れました。
ヒメジの子どもは銀色で薄っぺらくて親とはまったく違うので、初めて捕まえ
たときは何の魚だかさっぱり分かりませんでした。


今回は調理するのがめんどくさかったのでウロコだけ取ってはらわたも出さず、
醤油、酒、味醂、砂糖を入れて圧力鍋で煮て、骨までおいしくいただきました。

ごちそうさま。



プロフィール

石田あつし

Author:石田あつし

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。